活動ブログ

港区発掘ご当地曲盆踊り大会

2021.03.21

芝公園で開催された『港区発掘ご当地曲盆踊り大会』に参加しました。定番の『東京五輪音頭2020』以外にも、港区ゆかりの様々なご当地曲が盛りだくさん。『高輪Gateway夢拍子~二十六夜待ち』という新曲もあります。上手な踊り手の方を真似ていると、初めての盆踊り曲でも何となく踊れてしまうので不思議です。

 

コロナ下でも開催できた背景には、地域の踊り手の方々の熱い情熱があります。「何でも自粛」では、人々の気持ちも景気も落ち込んでしまいます。これまでは各地の地域センターで一年を通じて盆踊り練習会が行われていましたが、楽しみだった盆踊りができなくなったことで、気持ちが鬱っぽくなったり、足腰がすっかり弱ってしまったご高齢の方々もいらっしゃるそうです。主催者の方は「このままではいけない」と決断されたそうですが、開催には勇気が要ったことだと思います。

もう一つ、港区で開催できた理由には、港区感染症専門アドバイザーのご尽力があります。アドバイザーに相談して事前に周到な計画を練ったとのこと。上限200名まで、1メートル以上離れて踊るなど、詳細な会場プランの書類を見せていただきました。港区で成功したら他の地域でも進めていきたい、ということで、墨田区など他区からも関係者の方々がお見えになっていました。

私にとっては2年ぶりの盆踊り。しみじみ、幸せな気持ちになりました。