• HOME  >  
  • 活動ブログ  >  
  • 女性がもっと活躍できる歯科界を目指して

活動ブログ

女性がもっと活躍できる歯科界を目指して

2014.05.11

これからの日本を支えるのは女性の力です。最近はあらゆる分野で活躍する女性が増えています。今日は、歯科医療の最前線で活躍されている東京都女性歯科医師の会のセミナー『女性がもっと活躍できる歯科界を目指して』に参加しました。丸川珠代先生の『アナウンサーからのとらばーゆ』というご講演に続いて、私も『エルメスが教えてくれた、日本は世界一』と題して講演をさせていただきました。

エルメスで私が学んだ最大のものは、お客様の幸せを願う気持ち、誰かの役に立ちたいと思う気持ちです。歯科の先生方は、患者さんが治療を終えて喜んで帰っていく姿を見ながらお仕事をしていらっしゃると思います。私の母は近所のお子さんにピアノを教えていましたが、生徒さんが「エリーゼのために」を弾けるようになった時が一番うれしいと言っていました。誰かを幸せにしているという実感を持てる仕事がしたい、という気持ちは、政治においても忘れてはならないと思っています。

そしてもう一つは、豊かに生きる、ということの大切さです。かつてエルメスの経営者が「ファンタジーがなければ生きていけない」という言葉を遺されました。ただ食べるものと寝る場所があるというだけでは、人間は幸せに生きていくことはできない、エルメスでリーマンショックと東日本大震災を経験したからこそ切実に感じ、心の支えとなった言葉です。これから深刻な高齢化を迎える日本の社会においても、どうしたら幸せに長生きすることができるか、ヒントを与えてくれる言葉だと思っています。