• HOME  >  
  • 新着情報  >  
  • 11月6日(水)の内閣委員会で、質問に立ちました。

新着情報

11月6日(水)の内閣委員会で、質問に立ちました。

2013.11.06

11月6日(水)の衆議院内閣委員会で、今国会の重要テーマになると言われている、国家公務員制度改革と国家戦略特区について質問をしました。

まず公務員制度改革ですが、今回の法案では中央省庁の幹部人事を首相官邸の下で一元管理する内閣人事局の創設などが柱となっています。

内閣人事局になると、どのように省庁の縦割りを克服し、省庁横断的な政策が可能になるのか、また官民の人材交流を促進させる具体策などについて、稲田行革担当大臣から答弁をいただきました。

次に国家戦略特区ですが、これはアベノミクス第三の矢である成長戦略の柱であり、政府が地域を限定して規制緩和や税制優遇を認めるというものです。

今回の質問では、法人税を中心とする税制措置について、新藤総務大臣から答弁をいただきました。

「東京を世界で一番の町にしたい」という言葉は、6月の東京都議会議員選挙において自民党が掲げたスローガンです。7年後の東京オリンピックを視野に、東京が、そして日本が世界で一番ビジネスのしやすい国にできるよう、私も力を尽くしてまいりたいと思います。

 

 

質疑の様子については、下記URLをご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=hGzjBmix_Wk

議事録はこちらをご覧ください。

PDFファイル

 

 

 

熊本地震被災者支援募金
山田みきtwitter
自民党
TOKYO自民党
清和政策研究会