活動ブログ

クールジャパン戦略

2013.05.24

来月下旬の会期末に向けて、国会も慌しくなってきました。今日の経済産業委員会では、株式会社海外需要開拓支援機構法案(クールジャパン法案)の質疑と採決がありました。

今日の質疑で興味深かったのは、与野党を超えて、日本の良さを世界に伝えたい、という熱い思いは共通だということです。いまインドで活躍している星飛雄馬にはじまり、秋葉原のアニメや原宿のファッション、日本料理や無形文化財、おいしくて安全な農産品、等など、日本の様々な魅力が質疑の中で取り上げられました。それぞれの分野で第一線で活躍される方々と、経営やマネジメントのプロの方々が協働してノウハウを結集できるか否かが、クールジャパン戦略の成功の鍵となります。

500億円の官民ファンドを、本当に日本の経済成長へと結びつけることができるのか。イギリスやフランス、韓国のように国策としての文化の輸出が成功するかどうか、政治の本気度が試されます。

写真は、今日の各委員会の開催状況です。