活動ブログ

就職とキャリアを考える

2012.03.27

この春、就職される大卒生や、これから就職活動をされる大学生の方々と一緒に、就職とキャリアについて考えました。

若い世代が仕事に就くことが、本当に難しい時代。

私自身の経験が、少しでもお役に立てば…、と思い、自分のこれまでの経歴を振り返って、お話をしました。

大学卒業後、最初の就職は通産省でした。『女子学生はほとんど門前払い』、と先輩から聞いていたなかで、可能性はゼロではないと信じて努力した学生時代。

社会人になって、休日や昼休みに、少しずつ英語を勉強し始めたこと。アメリカのビジネススクールに留学して、日本の英語教育と、現実の英語に、大きな隔たりがあることを痛感したこと。

公務員から民間企業に転じて、官と民では働き方が大きく違うことに衝撃を受けたこと。日本の組織と外資系の違い、 等々

…本当は、他にも、総理官邸で働いた時のことや、国策としてファッション・ビジネスを進めるフランスの企業で働いた時のことなど、色々とお話を準備していたのですが、そこまで到達しないうちに、1時間半があっという間にすぎてしまいました。

若い世代が、『頑張れば、必ず何かいいことがある』、と思えるような国にすることが、政治の役割だと思っています。4月に新生活を始める方々が健康で活躍されること、そして、就活されている方々が満足いく一歩を踏み出されることを、心からお祈りしています。

新宿区の角筈区民センターにて。

企画してくださった大学生の方々に大感謝です。

山田みきブログ-教育とキャリア