活動ブログ

パドルテニスに初挑戦

2020.02.15

新宿区にお住いのパドルテニス協会の方から、「面白いわよ、やってみない?」とお誘いをいただき、牛込第二中学校での練習に参加させていただきました。

 

 

パドルテニスは、アメリカで生まれた硬式テニスの縮小版スポーツで、ちょうどサッカーとフットサルのような関係だそうです。ラケットはガット(網)がなく板状で、コートはテニスの1/3ほど、ボールは硬式テニスと見た目は変わらず少し柔らかい感じです。

 

 

パドルテニスは子どもからシニアまで幅広く楽しめると伺って、難易度は硬式テニスよりも易しいのではないかと思っていましたが、実際にプレーしてみると、相手との距離が近く、ラケットが板なので球が速いため、逆に緊張感があって難しく感じられました。特に上級者の方々による試合は、ものすごいスピードでボールが往復しパンパン音がして大変な白熱ぶりでした。

 

 

初心者の私も、上級者の方々のサポートでダブルスの試合を体験させていただきました。『家に帰ったら必ず手洗いとうがいを』と確認して解散。久しぶりに気持ちの良い運動となりました。