• HOME  >  
  • 活動ブログ  >  
  • 安全安心な5Gインフラ実現 麻生財務大臣への申入れ

活動ブログ

安全安心な5Gインフラ実現 麻生財務大臣への申入れ

2019.12.06

もうすぐ、5G(第5世代移動通信システム)の時代が到来します。現在使われている4Gと比べて、①高速・大容量、②低遅延(リアルタイム)、③多数接続などの特徴を持っているため、動画は当たり前、自動運転や医療系技術、コンピューターネットワークで繋がったスマート工場など、多様な可能性が広がり、これを全国に整備していくことで地方創生は飛躍的に進みます。

ところがこの5Gの技術が日本は大幅に遅れており、海外ベンダーに頼らざるを得ない状況になりつつあります。5Gは国にとって基幹インフラであるため、国の安全保障の観点からも、国内に信頼できるベンダーを育成し、海外の信頼できる企業ともアライアンスを組んで、そこから調達する制度を整えていく必要があります。自民党の経済産業部会と総務部会においても、来年度の税制改正要求の議論の中で、信頼できるベンダーから調達する場合には30%税額控除を行うことを要望しています。

今日は、自民党の『前例のない大胆な支援による、安全・安心な5Gインフラを実現する議員連盟』のメンバーで、麻生財務大臣、梶山経済産業大臣、高市総務大臣に政策提言の申入れを行いました。変化のスピードが非常に速い通信分野で手遅れになることがないよう、政府の賢明な判断を期待しています。