活動ブログ

アベノミクスと中小企業

2013.04.15

予算委員会の経済産業分科会で、質問の機会をいただきました。

今日は安倍政権発足から111日目、「最近景気がよくなってきたよ」という声が少しずつ聞かれるようになりました。景気回復のカギを握るのは、日本の雇用者数の3分の2を抱える中小企業です。25年度予算案にも様々な中小企業支援策が盛り込まれています。複雑で多岐にわたる中小企業支援策を、より多くの経営者の方々に知ってもらい、小規模な事業者、特に若者や女性で起業している方々にも、分かりやすく使いやすい制度とする必要があります。

景気回復の気運が高まっている今、中小企業への期待も高まっています。中小・小規模企業で女性の活用が進めば、女性の活躍の場が広がるだけでなく、日本経済にとっても相当なプラスになるはずです。また、政権交代後、円高の是正が進み、海外展開によって成長著しい海外市場の需要獲得も期待されます。

中小企業と並んで日本経済の活性化の要である商店街についても、安倍政権発足後、大規模な支援策がとられています。本格的な景気回復に向けて、引き続き強力な支援をお願いしました。

写真は、茂木経産大臣との質疑の様子です。