活動ブログ

自由民主コラム寄稿「必勝祈願」

2019.04.16

本日発行の自民党機関誌「自由民主」に、『必勝祈願』と題して、コラムを寄稿しました。

* * * * * * *

政治家には自らのテーマカラーを決めている人も多い。私の場合は、候補予定者に決まったばかりの時に地元の区議会・都議会議員の方々が集まって決めてくださった。街中で目立つのは赤・青・黄の信号色。東京では赤といえば松島みどり先生と丸川珠代先生、青は好きだけど対立候補とかぶってしまう、消去法で黄色に決定した。

当初は顔と名前を覚えてもらうためにいつも黄色を着ていた。私の前職はファッション業界だが、黄色いフォーマル・スーツは珍しくて探すのが大変だ。だいたいド派手なので着ている本人はちょっと気恥ずかしい。最近やっと黄色でなくても街中で認識してもらえるようになった。将来は、地味な色でも存在感オーラを放つような政治家になりたい、という密かな野望を持っている。

今週は統一地方選後半戦の真っ只中、私の地元の千代田区・港区・新宿区では総勢四十三人の自民党候補が戦っている。テーマカラーは十人十色だが、それぞれの色に、令和の時代をつくる強い意志が込められている。