活動ブログ

自由民主コラム寄稿「わたしの先輩」

2018.12.04

本日発行の自民党機関誌「自由民主」に、『わたしの先輩』と題して、コラムを寄稿しました。

* * * * * * *

「せんせいおはよ、みなさんおはよ、ことりもちっちとうたっています」子どもの頃に毎日歌った歌は不思議と忘れない。私が通った幼稚園の先輩である横田めぐみさんも、もしかしたら同じ歌を思い出しているだろうか、と時々思う。

2002年に小泉政権下で拉致問題が急展開した時、内閣官房の職員だった私は、安倍内閣副長官が横田さんご夫妻と面会している部屋の前で待機する役割を担っていた。北朝鮮の発表はあまりにむごく、私はご夫妻のお顔を見上げることができなかった。

蓮池さんと地村さんのお子さん方が日本に帰ってきた日には、羽田空港からリムジンバスで到着したご家族を赤坂プリンスホテル旧館の玄関でお迎えした。次に被害者全員が帰ってくる時には、報道カメラのフラッシュではなく、拍手と「お帰りなさい」の声でお迎えしたい、と心に刻んだ。

あれから14年、私は今、衆議院拉致問題特別委員会理事と自民党拉致問題対策本部幹事を務めている。いつか必ずその日は来る、と心の底から信じている。