• HOME  >  
  • 活動ブログ  >  
  • ジェネリック医薬品の将来を考える会 第2回

活動ブログ

ジェネリック医薬品の将来を考える会 第2回

2017.05.16

第2回のジェネリック勉強会が開催されました。今回は、学会とジェネリック製薬企業の方々から、ジェネリック医薬品の現状と課題についてお話を伺いました。

飲みやすさや服薬過誤防止のための錠剤の改良や、原薬や製剤の製造技術の向上など、ジェネリック分野においても絶え間ない研究開発が進んでいます。一方で、後発薬の価格の下落により、医療現場で幅広く使われている後発薬剤が不採算になってしまう等の問題も抱えています。医師や患者さんもジェネリック医薬品に対する意識はさまざまであり、安心・安全についてさらに説明を重ね、信頼度を高めていく必要があります。

海外には、例えばイスラエルのように、ジェネリック医薬品で幅広く海外展開しているところもあります。日本の品質の高いジェネリック医薬品は、国際的にも大きな可能性が見込まれます。国内での安心安全な製造プロセスを確立し、将来的に海外市場も意識した戦略を練っていく必要性を感じました。次回は医療関係者や薬局の方々からお話を伺う予定です。

 

 

 

 

中村あや
熊本地震被災者支援募金
山田みきtwitter
自民党
TOKYO自民党
清和政策研究会