活動ブログ

シンガポールの学生・閣僚との意見交換

2016.09.27

秋の臨時国会が始まりました。11月末まで66日間の会期となります。

今日は、シンガポールの大学生や閣僚と意見交換の機会がありました。
Yale NUSカレッジの学生さん達とのディスカッション。シンガポールは多様な人種と言語を抱える国ですが、この大学には実に50もの国々から学生が集まっているそうです。女子学生も多く、日本における女性の社会進出の現状や女性活躍推進の取り組みについて話題となりました。森まさこ元少子化担当大臣と和田義明衆議院議員とともに質問にお答えしました。

 

 

その後、リー・シェンロン首相とともに来日しているシンガポールの閣僚の方々と意見交換。
日本とシンガポールは共に天然資源が少なく、商工業の発展が国を支えています。世界から優秀な人材が集まるビジネスセンターとして知られるシンガポールの方々の眼に、日本はどう映るか尋ねたところ、「日本はもっとオープンマインドになれる可能性がある」と率直なご意見をいただきました。