活動ブログ

G7伊勢志摩サミットのお出迎え

2016.05.27

G7伊勢志摩サミット開幕。各国から到着する首脳を中部国際空港でお迎えしました。ドイツのメルケル首相、フランスのオランド大統領、イタリアのレンツィ首相、EUのトゥスク議長とユンカー委員長、IMFのラガルド専務理事、国連の潘基文事務総長、そしてアジア諸国の首脳の方々・・。それぞれ飛行機を降りられたところを、笑顔と握手で温かくお迎えしました。

 

 

中部国際空港のある愛知県は日本一の花の産地です。愛知県庁の企画で、首脳に花束を渡すのは地元代表の小学生や新成人の方々です。首脳は皆とても喜ばれて「Good job !!」(いいね!)との声も。未来の日本を背負う世代にとって、この経験は将来の大きな糧となることでしょう。

 

 

昨年6月に伊勢志摩での開催が決定して以降、短期間に綿密な準備を進めてきた関係者の方々、昼夜を問わず厳戒な警備に携わっている方々、そして、心を込めた最高のおもてなしに腐心した多くの方々など、じつに何万人もの人々が、母国でのサミット成功のために全力を尽くしていることを実感します。

 

 

日本人の一人として、この機会に参加させていただいた幸運な巡り合わせに心から感謝し、世界と日本のさらなる繁栄のためにもっともっとたくさん仕事をしよう、と決意を強くしています。