活動ブログ

0泊4日のペルー出張 APEC貿易大臣会合

2016.05.19

ペルー南部の都市、アレキパで開催されたAPEC貿易大臣会合に出席しました。東京からアレキパまでは、飛行機を2回乗り換えて片道27時間です。現地には早朝に到着し、そのまま国際会議に出席して、その日の夜にはまた帰りの飛行機に乗るという大変厳しいスケジュールでした。

 

 

 

APECは1989年にできたアジア太平洋地域の経済協力の枠組みです。最近ではTPPの方がすっかり有名になってしまいましたが、APECはより緩やかな枠組みで中国や韓国、中南米諸国も含め加盟国が多く、世界のGDPの6割、貿易量の5割、人口の4割を占める巨大な規模で、将来の大きな可能性を秘めています。

 

 

 

日本経済にとって重要なのは、こうした地域協力や経済連携を通じて、中小企業や小規模企業にも国境を越えたビジネスの可能性が増え、活躍の場が広がることです。

 

 

 

中小企業の経営者の方は、海外は遠いし分からない、海外ビジネスは怖い、と思われるかもしれませんが、近い将来TPPが発効するのを見据えて、日本の政府も平成27年度補正予算や28年度予算で、海外にチャレンジする企業を応援する施策を充実させています。
0泊4日の弾丸出張で、私はすっかり腰痛になってしまいましたが、「地球の裏側と言っても、案外近いんですよ。4日で行って帰ってこれるんですから。」と実感を込めてお伝えできたら、はるばる行ってきた甲斐があります。

 

APEC貿易大臣会合の詳細はこちらをご覧ください。http://www.mofa.go.jp/mofaj/la_c/sa/pe/page24_000617.html