• HOME  >  
  • 活動ブログ  >  
  • 外交記録公開推進委員会、カロブリス・リトアニア外務副大臣との会談

活動ブログ

外交記録公開推進委員会、カロブリス・リトアニア外務副大臣との会談

2015.10.15

今日の午後は、外交記録公開推進委員会に出席しました。外交記録文書は、30年以上経過したものの多くは公開されます。しかし内容が機微なものについては、検討のうえ引き続き非公開とするものもあります。今日の会合では、中曽根総理の米国訪問や、レーガン米国大統領夫妻の訪日のときの記録文書の一部について、委員である民間有識者の方々のご意見を伺い審査を行いました。

 

そして夕方には、カロブリス・リトアニア外務副大臣との会談を行いました。バルト三国のひとつであるリトアニアは、第二次大戦時に杉原千畝元副領事が発給した『命のビザ』が多くのユダヤ人の方々を救ったことで知られています。最近では日リトアニア間で、科学技術、特にバイオ分野での協力も進んでいます。弁護士であり長年通商分野に取り組んでこられたカロブリス副大臣の話しぶりはとてもパワフルでした。