活動ブログ

LED普及促進議員連盟

2015.09.25

自民党のLED普及促進議員連盟で事務局長を務めています。このたびLEDの普及に向けた提言をとりまとめ、谷垣自民党幹事長と菅官房長官に要望書を提出しました。

政府は2030年までに2013年度比で26%の温室効果ガス削減目標を定めたところです。今まで以上に徹底した省エネが必要になりますが、その中でも重要なのが、電力消費全体の16%を占める照明です。日本エネルギー経済研究所がまとめた報告書によると、「国内の照明を全てLED照明に交換すると、照明電力消費量の6割が削減可能」「原子力発電所約13基分の発電能力に相当する」としています。

昨年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画では、「高効率照明(LED照明、有機EL照明など)については、2020年までにフローで100%、2030年までにストックで100%の普及を目指す」という高い目標を掲げています。目標の達成には、政府・産業界・国民が一丸となって、必ずやり抜くという覚悟を共有することが必要です。まずは政府・自治体、公共施設、学校などが率先してLEDの導入を行うとともに、普及のための支援策を拡充し、技術革新と海外展開を後押ししていくことを提言しました。

 

谷垣幹事長への要望 ・・・ 自民党本部も、できるところからLEDの導入をお願いしました。

 

 

菅官房長官への要望 ・・・ 「車の中の電気をLEDに変えたら、書類が読みやすくなったよ」とのお話をいただきました。