活動ブログ

深谷隆司先生の引退会見

2012.06.25

TOKYO自民党政経塾でずっとご指導を頂いている深谷隆司先生が、今日、政界引退の記者会見をされました。

深谷先生が通産大臣でいらっしゃった頃、私はひとつだけ、思い出があります。今から12年前の4月18日の特許庁「発明の日」の式典で、乾杯のご発声をされる深谷大臣にコップをお渡しするのが、私の役目でした。ビールをお渡ししようと構えていたところ、警護の方から「深谷大臣は御公務中はお酒は召し上がりませんよ」と言われて、慌ててお水をお渡ししたのを覚えています。

自民党政経塾に通い始めた頃、深谷塾長に初めてお話しさせて頂いた時、「じつは私、深谷大臣のもとで通産省で働いていたんです」と、恐る恐る申し上げたのを、つい昨日のことのように思い出します。

深谷先生のお話は、抑揚があって旋律のようです。以前、ある政治家の方から、「若い頃、深谷先生の演説をテープに録音して、何度も繰り返し聞いて演説の練習をしたよ」とお伺いしたこともありました。

現役を引退されてしまうのはとても残念ですが、今後も引き続き、若い後輩の指導に当たってくださるとのこと。これからも深谷先生から沢山のことを学んでいきたいと思います。

記念の花束をお渡ししました。