活動ブログ

山の日

2014.02.14

国会で党派を超えて、新しい祝日をつくろう、という動きがあります。山に親しみ山の恩恵に感謝する、『山の日』です。多くの先輩議員の方々の取り組みが結実し、このたび議員立法として国会に提出すべく、今日の自民党内閣部会で法案審査が行われました。

現在、国民の祝日は一年間に15日あります。当初、新たな祝日の候補日は、家族そろってお休みが取れるお盆前の8月12日に、という話が出たらしいのですが、その日はかつて日航機の御巣鷹山の惨事があった日と重なるため、1日前の8月11日を「山の日」に制定しよう、という話になったそうです。既存の休暇になるべく近づけて、ご商売やビジネスに悪影響を及ぼさないよう配慮した日程でもあります。

以前、何かのトリビアで読んだのですが、私の苗字の「山田」は、日本ではトップテンに入るくらい多い名前です。佐藤さんや鈴木さんや高橋さんや田中さんなどなどに数では及びませんが、山田という苗字の特徴は、全国47都道府県に偏りなくどこにでもいるのだそうです。確かに、「山に田んぼ」は、日本中どこでも見られる景色だなぁ…、と納得したのを思い出しました。

日本人の心を大切にし、家族で過ごせる時間を増やし、中小企業にも負担をかけない新たな祝日は、今国会で法律が成立すると、平成28年夏に実現します。

 

写真は、今日の雪で真っ白になった国会議事堂です。