活動ブログ

「あさかぜ号」初搭乗

2012.04.28

今日4月28日は、サンフランシスコ講和条約が発効し、日本が主権を回復してからちょうど60年になります。「主権回復60周年」をテーマにした谷垣総裁の吉祥寺駅前での遊説に、私も参加してまいりました。自民党の街宣車「あさかぜ号」に初めて搭乗しました。

「国を守る」とはどういうことか。東日本大震災の発災直後、自らの身の危険を顧みずに被災地や原発事故の現場に立ち向かってくださった方々の存在を通して、私達は、改めて問われているのだと思います。

危機は災害だけではなく、防衛についても同じです。日本の領土・領海そのものが脅かされている今、日本の防衛のあり方、憲法のあり方を見直すべき時が来ているのです。

私は、自主憲法の制定は、日本経済の再生とも、決して無関係ではないと思っています。少子高齢化で縮小していく日本経済、一層の国際化が求められる今、これからますます厳しくなる国際競争の中で、日本人の誇りなくしては、海外勢と戦うことはできないからです。

生まれ育った国を大切に思う気持ちは、考え方とかイデオロギーとかいう以前の問題、日本人として当たり前の自然な気持ちだと思っています。父や母、祖父母が守ってきたこの国を、誇りをもって次の世代に引き継ぐために、私も若い世代の一人として、新しい憲法の制定を訴えてまいります。