活動ブログ

地域産業おこしに燃える人

2013.09.17

10年前の今日、首相官邸で『地域産業おこしに燃える人の会』が開催されました。「燃える人」とは、全国各地で、町おこし・村おこしや、地場産業の育成、企業誘致などに取り組む、”地域再生のカリスマ”のような方々です。当時の小泉純一郎総理が自ら、地域経済を元気にするために活躍している方々を激励したい、というご意向を受けて、私も事務局メンバーとして担当させていただいた、思い出深い仕事です。

その後も、『燃える人の会』は自律的に活動を続け、今では100人を超える大きなネットワークとなりました。今日行われた10周年記念の会に、私もお招きいただき、10年前に内閣官房副長官として『燃える人の会』に出席された安倍総理からのお祝いのメッセージを、代読させていただきました。

地域のために必死で働く、熱い心を持った方々が、全国にこれほど沢山いること、そしてそのネットワークが10年続いていることに元気づけられます。多くの方々の熱意が、必ずや日本経済を押し上げるはず、と確信を持ちました。

(下の写真の1枚目は、2003年9月17日に官邸で開催された『燃える人の会』の様子です。)