活動ブログ

小学生とインターネット

2013.07.06

港区御田小学校の授業参観にお邪魔させていただきました。小学4~6年生の生徒さんと一緒に、NTT東日本の方々から携帯やインターネットの安全な使い方についての講義を聴きました。

まずは、携帯やスマホの「無料」ゲームサイトで知らないうちに有料サービスを使って高額な課金を要求されないよう気をつけよう、というお話。私が小学校高学年だった頃は、任天堂のファミコンが発売になったばかりだったことを思い出すと、今の子ども達は、昔は想像もしなかった危険に晒されていることを実感します。

次に、SNSに軽い気持ちで書き込んだ言葉が、予想外のトラブルに発展して友達を傷つけることにならないよう、相手の気持ちを考えて発信しよう、というお話。大人にとっても、メールでのコミュニケーションやSNSでの発信は難しいものです。子ども達への教育の場では、ネットの問題という以前に、言葉遣いやマナー、相手を思い遣る気持ちを教えることが重要です。

今ちょうど、日本で初めての「ネット選挙」が始まったばかり。子どもの頃からネットを使うことが当たり前の世代が大人になる頃、日本はどのように発展し成熟していくのか、子ども達の未来に思いを馳せました。